慶應義塾大学理工学部物理学科 Department of Physics, Faculty of Science and Technology, KEIO Univ.

論文

Shiho Tsujimoto, Tomoharu Oka, Shunya Takekawa, Yuhei Iwata, Asaka Uruno, Hiroki Yokozuka, Ryosuke Nakagawara, Yuto Watanabe, Akira Kawakami, Sonomi Nishiyama, Miyuki Kaneko, Shoko Kanno, Takuma Ogawa
New Look at the Molecular Superbubble Candidate in the Galactic Center
The Astrophysical Journal, 2021, 910, 61
[arXiv] [IOP] [ADS]

Hiroki Yokozuka, Tomoharu Oka, Shunya Takekawa, Yuhei Iwata, Shiho Tsujimoto
Broad-velocity-width Molecular Features in the Galactic Plane
The Astrophysical Journal, 2021, 908/ 2, 246(18pp)
[arXiv] [IOP] [ADS]

Yuhei Iwata, Tomoharu Oka, Masato Tsuboi, Makoto Miyoshi, Shunya Takekawa
Time Variations in the Flux Density of Sgr A* at 230 GHz Detected with ALMA
The Astrophysical Journal, 2020, 892/ 2, L30(6pp)
[arXiv] [ADS]

Shunya Takekawa, Tomoharu Oka, Yuhei Iwata, Shiho Tsujimoto, Mariko Nomura
The Fifth Candidate for an Intermediate-mass Black Hole in the Galactic Center
The Astrophysical Journal, 2020, 890/ 2, 167(6pp)
[arXiv] [ADS]

Shunya Takekawa, Tomoharu Oka, Sekito Tokuyama, Kyosuke Tanabe, Yuhei Iwata, Shiho Tsujimoto, Mariko Furusawa, Yukihiro Shibuya
An energetic high-velocity compact cloud: CO-0.31+0.11
Publications of the Astronomical Society of Japan, 2019, 71 (SP1), S21, 1-10
[arXiv] [ADS]

Sekito Tokuyama, Tomoharu Oka, Shunya Takekawa, Yuhei Iwata, Shiho Tsujimoto, Masaya Yamada, Mariko Furusawa, Mariko Nomura
High-resolution CO images of the Galactic central molecular zone
Publications of the Astronomical Society of Japan, 2019, 71 (SP1), S19, 1-31
[ADS]

Shunya Takekawa, Tomoharu Oka, Yuhei Iwata, Shiho Tsujimoto, Mariko Nomura
Indication of Another Intermediate-mass Black Hole in the Galactic Center
The Astrophysical Journal, 2019, 871/ 1, L1 (6pp)
[arXiv] [ADS]

Mariko Nomura, Tomoharu Oka, Masaya Yamada, Shunya Takekawa, Ken Osuga, Hiroyuki R. Takahashi, Yuta Asahina
Magnetohydrodynamic Simulations of a Plunging Black Hole into a Molecular Cloud
The Astrophysical Journal, 2018, 859/ 1, 29(7pp)
[arXiv] [ADS]

Shiho Tsujimoto, Tomoharu Oka, Shunya Takekawa, Masaya Yamada, Sekito Tokuyama, Yuhei Iwata, Justin A. Roll
Detection of Another Molecular Bubble in the Galactic Center
The Astrophysical Journal, 2018, 856/ 2, 91(5pp)
[arXiv] [ADS]

Oka Tomoharu, Tsujimoto Shiho, Iwata Yuhei, Nomura Mariko, Takekawa Shunya
Millimetre-wave emission from an intermediate-mass black hole candidate in the Milky Way
Nature Astronomy, 2017, 1, 709-712
[NatAst] [arXiv] [ADS]

Shunya Takekawa, Tomoharu Oka, Yuhei Iwata, Sekito Tokuyama, Mariko Nomura
Discovery of Two Small High-velocity Compact Clouds in the Central 10 pc of Our Galaxy
The Astrophysical Journal, 2017, 843/ 1, L11(5pp)
[arXiv] [ADS]

Yuhei Iwata, Kato Haruka, Daisuke Sakai, Tomoharu Oka
Distance to the Low-velocity Cloud in the Direction of the High-velocity Compact Cloud CO-0.40-0.22
The Astrophysical Journal, 2017, 840/ 1, 18(4pp)
[arXiv] [ADS]

Shunya Takekawa, Tomoharu Oka, Kunihiko Tanaka
Physical Contact between the +20 km/s Cloud and the Galactic Circumnuclear Disk
The Astrophysical Journal, 2017, 834/ 2, 121(10pp)
[arXiv] [ADS]

Masaya Yamada, Tomoharu Oka, Shunya Takekawa, Yuhei Iwata, Shiho Tsujimoto, Sekito Tokuyama, Maiko Furusawa, Keisuke Tanabe, Mariko Nomura
Kinematics of Ultra-high-velocity Gas in the Expanding Molecular Shell Adjacent to the W44 Supernova Remnant
The Astrophysical Journal Letters, 2017, 834/ 1, L3(6pp)
[arXiv] [ADS]

Tomoharu Oka, Reiko Mizuno, Kodai Miura, Shunya Takekawa
Signature of an Intermediate-mass Black Hole in the Central Molecular Zone of Our Galaxy
The Astrophysical Journal Letters, 2016, 816/ 1, L7(5pp)
[arXiv] [ADS]

Kunihiko Tanaka, Makoto Nagai, Kazuhisa Kamegai, Tomoharu Oka
CO-0.30-0.07: A Peculiar Molecular Clump with an Extremely Broad Velocity Width in the Central Molecular Zone of the Milky Way
The Astrophysical Journal, 2015, 806/ 1, 130(13pp)
[arXiv] [ADS]

Shunya Takekawa, Tomoharu Oka, Kunihiko Tanaka, Shinji Matsumura, Kodai Miura, Daisuke Sakai
Millimeter-wave Spectral Line Surveys toward the Galactic Circumnuclear Disk and Sgr A*
The Astrophysical Journal Supplement Series, 2014, 214/ 1, 2-25
[arXiv] [ADS]

Daisuke Sakai, Tomoharu Oka, Kunihiko Tanaka, Shinji Matsumura, Kodai Miura, Shunya Takekawa
Millimeter-wave Molecular Line Observations of the Tornado Nebula
The Astrophysical Journal, 2014, 791/ 1, 49-55
[arXiv] [ADS]

Tanaka Kunihiko, Oka Tomoharu, Matsumura Shinji, Nagai Makoto, Kamegai Kazuhisa
High Velocity Compact Clouds in the Sagittarius C Region
The Astrophysical Journal, 2014, 783/ 1, 62-71
[arXiv] [ADS]

Tomoro Sashida, Tomoharu Oka, Kunihiko Tanaka, Kazuya Aono, Shinji Matsumura, Makoto Nagai, Masumichi Seta
Kinematics of Shocked Molecular Gas Adjacent to the Supernova Remnant W44
The Astrophysical Journal, 2013, 774/ 1, 10-16
[arXiv] [ADS]

Shinji Matsumura, Tomoharu Oka, Kunihiko Tanaka, Makoto Nagai, Kazuhisa Kamegai, Tetsuo Hasegawa
Discovery of the Pigtail Molecular Cloud in the Galactic Center
The Astrophysical Journal, 2012, 756/ 1, 87-93
[arXiv] [ADS]

Tomoharu Oka, Yui Onodera, Makoto Nagai, Kunihiko Tanaka, Shinji Matsumura, Kazuhisa Kamegai
ASTE CO J = 3-2 Survey of the Galactic Center
The Astrophysical Journal Supplement Series, 2012, 201/ 2, 14-25
[ADS]

Kunihiko Tanaka, Tomoharu Oka, Shinji Matsumura, Makoto Nagai, Kazuhisa Kamegai
High Atomic Carbon Abundance in Molecular Clouds in the Galactic Center Region
The Astrophysical Journal Letters, 2011, 743/ 2, 39-45
[arXiv] [ADS]

Makoto Sawada, Takeshi Go Tsuru, Katsuji Koyama, Tomoharu Oka
Suzaku Discovery of Twin Thermal Plasma from the Tornado Nebula
Publications of the Astronomical Society of Japan, 2011, 63/ SPEC. ISSUE 3, 849-855
[arXiv] [ADS]

R. M. Crocker, D. I. Jones, F. Aharonian, C. J. Law, F. Melia, T. Oka , J. Ott
Wild at Heart: the particle astrophysics of the Galactic Centre
Monthly Notices of the Royal Astronomical Society, 2011, 413/ 2, 763-788
[arXiv] [ADS]

Tomoharu Oka, Makoto Nagai, Kazuhisa Kamegai, Kunihiko Tanaka
A New Look at the Galactic Circumnuclear Disk
Astrophysical Journal, 2011, 732/ 2, 120-129
[ADS]

Kunihiko Tanaka, Tomoharu Oka, Makoto Nagai, Kazuhisa Kamegai
A Large Expanding Molecular Arc in the Sagittarius B1 Complex
Publications of the Astronomical Society of Japan, 2009, 61/ 3, 461-469
[ADS]

Takahiro Nagayama, Shuji Sato, Shogo Nishiyama, Yuka Murai, Tetsuya Nagata, Hirofumi Hatano, Mikio Kurita, Motohide Tamura, Yasushi Nakajima, Koji Sugitani, Tomoharu Oka, Yoshiaki Sofue
A Chain of Dark Clouds in Projection Against the Galactic Center
Publications of the Astronomical Society of Japan, 2009, 61/ 2, 283-290
[arXiv] [ADS]

Tomoharu Oka, Tetsuo Hasegawa, Glenn J. White, Fumio Sato, Masato Tsuboi, Atsushi Miyazaki
Aperture Synthesis Imaging of a High-Velocity Compact Cloud near the Galactic Center
Publications of the Astronomical Society of Japan, 2008, 60/ 3, 429-434
[ADS]

学位論文
修士論文

■2020年度
岩田悠平 「銀河系中心超大質量ブラックホールSgr A*の成長過程とその活動性」
辻本志保 「銀河系中心領域に発見されたスーパーバブル候補天体」

■2017年度
竹川俊也 「銀河系中心領域における高速度分子雲」

修士論文

■2021年度
河上 瑛 「ASTE搭載用385–500 GHz帯2SB受信機の広帯域化」
西山苑実 「爆発的星形成銀河NGC253中心部における高速度コンパクト雲の探査」
横塚弘樹 「銀河系円盤部で発見された広速度幅分子ガス成分」

■2020年度
宇留野麻香 「銀河系中心領域における高速度分子雲の自動同定とその統計的研究」
中川原崚介 「分子スペクトル線データ詳細解析で探る高速度コンパクト雲CO 0.02-0.02 の起源」
渡邉裕人 「銀河系中心分子層で発見された特異分子雲群「HVCC Forest」の観測的研究」

■2019年度
菅野頌子 「銀河系中心部で発見された特異分子雲CO-0.26+0.02の観測的研究」

■2018年度
加藤榛華 「修正CLUMPFIND法を用いた銀河系渦状腕の距離決定の精密化」
渋谷幸大 「軸対称モデルに基づく銀河系中心領域のface-on viewの作成」
田邊恭介 「ALMAによる超高速度分子雲Bulletの詳細観測」
早瀬夏子 「系外銀河中の分子ガス量の統計的研究」

■2017年度
東 祥太朗 「超新星残骸W28に付随する分子雲の観測的研究」
田鍋圭介 「星形成史を考慮した銀河系内恒星質量ブラックホールの密度分布」
徳山碩斗 「銀河系中心分子層で発見された高速度分子雲の観測的研究」
岩田悠平 「銀河系中心特異分子雲CO 0.02-0.02の観測的研究」
辻本志保 「分子輝線による銀河系中心L=-1.2°領域の詳細研究」

■2016年度
山田真也 「超新星残骸W44膨張シェル内で発見された超高速度分子ガス成分の起源」

■2014年度
竹川俊也 「銀河系中心核への質量供給過程の観測的研究」

■2012年度
指田朝郎 「分子スペクトル線観測に基づく超新星残骸W44衝撃波構造の解析」
西川綾乃 「N2H+ J=1-0輝線による銀河系中心分子雲の重力束縛度診断」
古澤純一 「南米山岳地におけるサブミリ波VLBI観測適地のサーベイおよびCS J=2-1輝線による銀河系中心領域の観測的研究」

■2010年度
松村真司 「銀河系中心領域に発見された特異分子雲の観測的研究」

卒業論文

■2021年度
児島友里 「銀河系中心分子層東端に発見された三日月状分子雲G1.6-0.025の観測的研究」
嶋田理央 「爆発的星形成銀河NGC253中心部で発見された広速度幅分子雲SSC14の運動解析」
栂野 僚 「銀河系円盤部における広速度幅分子雲の系統的探査」
中村太一 「銀河系中心領域に発見された特異分子雲CO 1.62+0.25の観測的研究」

■2020年度
金子美由起 「銀河系中心領域における特異分子雲“Tadpole” の観測的研究」
鈴木順夫 「FMラジオ放送波の観測による地震前兆現象の探査」
栁原一輝 「ALMA アーカイブデータを使用した銀河系中心核「いて座A*」光度の時間変動解析」
山崎裕斗 「銀河系中心領域で発見された特異分子雲に付随する連続波電波源の探査」
横森大地 「爆発的星形成銀河NGC5253における分子ガスの観測的研究」

■2019年度
小川卓馬 「Event Horizon Telescopeで取得された楕円銀河M87中心核データの再解析」
河上 瑛 「高速度コンパクト雲HCN-0.009-0.044内部の質量分布の推定」
西山苑実 「アンテナ銀河NGC4038/4039における広速度幅分子雲の探査」

■2018年度
磯部優樹 「弱い軸対称ポテンシャル中の軌道計算に基づく銀河系中心領域ガスダイナミクスの理解」
宇留野麻香 「CO J=3-2輝線を用いた銀河系中心高速度分子雲の統計的研究」
中川原崚介 「ラインサーベイ観測で探る高速度コンパクト雲CO 0.02-0.02の起源」
中村洋貴 「ツリーアルゴリズムによるN体シミュレーション用コード」
渡辺裕人 「太陽電波測定用小型望遠鏡の開発」

■2017年度
川上知洋 「ALMAデータを用いた棒渦巻銀河NGC 1097中心核超巨大ブラックホールの質量評価」
河村天陽 「銀河系中心核近傍における電離ガスのダイナミクス」
菅野頌子 「連続体近似を用いたブラックホール近傍を通過する分子雲の重力多体シミュレーション」
杉本知穂 「中間質量ブラックホール候補天体CO-0.40-0.22*の時間変動探査」
髙倉隼人 「ALMAによる超高速度分子ガス成分"Bullet"の観測的研究」

■2016年度
安海悠太 「天体の自動同定アルゴリズム「AZumi-eXtractor」の開発」
奥村健人 「電波パルサーの時間分散と角度分散を利用した銀河系渦状腕の距離決定」
加藤榛華 「VERAを用いたH2O 359.616-0.248の距離測定」
渋谷幸大 「大質量星形成領域Sgr B2における分子雲衝突の痕跡」
田邊恭介 「特異電波天体Tornadoと相互作用する分子雲の観測的研究」
長谷川大空 「リープフロッグ法による核周円盤形成の重力多体シミュレーション」
早瀬夏子 「棒渦巻銀河 M100 における分子ガスの観測的研究」

■2015年度
岩田悠平 「銀河系中心核「いて座A*」の電波強度変動の周期性解析」
田鍋圭介 「銀河系内恒星質量ブラックホールの総数とその個数密度分布の定量的評価」
辻本志保 「巨大分子雲落下による核周円盤形成過程の粒子シミュレーション」
徳山碩斗 「銀河系中心高速度コンパクト雲の自動同定アルゴリズムの開発とその統計解析」
古澤舞子 「CLEAN法によるN2H+スペクトル線解析方法の確立と銀河系中心分子雲の重力束縛度診断」

■2014年度
磯貝 基 「Peripheral Interface Controllerを使用した220GHz帯ラジオメータ制御機構およびPC インターフェースの開発」
水野麗子 「高速度コンパクト雲CO-0.40-0.22の観測的研究」
山田真也 「超新星残骸W44超高速度成分の観測的研究」

■2013年度
高畑雄太 「LVG近似によるメタノール分子回転スペクトル線強度の計算」
西野瑛彦 「大気透過度測定用220GHz帯ラジオメータの開発」

■2012年度
新井大輝 「いて座VX星における一酸化ケイ素メーザー輝線強度の時間変動解析」
酒井大裕 「トルネード星雲に付随する分子雲の観測的研究」
竹川俊也 「SDSSアーカイブデータを用いた系外変動天体の探査」
玉澤裕子 「一酸化炭素同位体比を用いた銀河系中心へのガス供給過程の解明」
矢野佑樹 「OH 1720MHzメーザー輝線で探る銀河系中心の非熱的フィラメントの起源」
横塚友啓 「銀経1.3°分子竜巻の生成過程の検討」

■2011年度
小野寺 唯 「銀河系中心領域の高励起ガスの起源」
菊地弘樹 「分子スペクトル線の定量的解析に基づく銀河系中心領域のface-on veiwの作成」
田川寛通 「速度勾配を使用した銀河系中心方向の渦状腕の距離」
玉木由里亜「Lockman's Hole領域における銀河系外変動天体の探査」
三浦昂大 「Dicke Switch型12GHz帯小型電波望遠鏡の開発」
燕 南飛 「Intensity of SiO Masers in VX Sagittarii during an Optically Quiescent Phase」

■2010年度
上田竜一 「小型12GHz帯電波望遠鏡の開発」
指田朝郎 「II型超新星爆発が星間空間に与える影響についての観測的研究」
西田瑛量 「二層大局的速度勾配モデルによる一酸化炭素回転スペクトル線強度の計算」
古澤純一 「NbTiN伝送線を採用した800GHz帯超伝導SIS受信機の開発」
山口雅史 「Pigtail分子雲のミリ波多輝線観測」

■2009年度
青野和也 「超新星残骸W44と分子雲の相互作用についての観測研究」
岩澤ありあ「銀河系中心核を取り囲む分子ガス円盤の観測的研究」
大谷友香理「ばら星雲に隣接する巨大分子雲における炭素原子の分布」
鈴木美里 「銀河系中心分子層の高速度ガスの起源に関する研究」

■2008年度
安達 亘  「銀河系中心核Sgr A*のミリ波時間変動の研究」
性全謙仁 「一酸化炭素サブミリ波帯回転輝線による銀河系中心領域の観測的研究」
平畑武文 「一酸化炭素13C同位体回転遷移輝線による銀河系中心高速度ガスの観測的研究」


 

サイトトップ研究室紹介メンバー研究成果ギャラリーアクセスリンク内部向けwikiページオンラインデータ

(C)OKA-LAB. Keio Univ.